おねしょ 大人 子供 原因 対策

Sponsord Link


おねしょを治すにはどうすればいいの?

何故おねしょをしてしまうのか?

 

子供がおねしょをしてしまう最大の理由としては、膀胱が未発達である為と考えられます。
大人は寝ている間に膀胱に尿を貯めておく事が出来ますが、子供は膀胱が小さく、未発達な為、少しの量でも貯める事が出来ない為、おねしょへと繋がってしまうのです。

 

次に考えられる理由が、精神的な負担によるものです。
お子さんがおねしょをする度、お母さんはガミガミ怒っていませんか?
「お母さんが怒るから、今日は絶対におねしょしないようにしなきゃ!」というプレッシャーから、おねしょに繋がってしまう事も解明されているのです。

 

最後に挙げられる理由としては、「元々の病気によるもの」です。
夜尿症といい、本人の意思とは関係無く勝手に排尿してしまう、膀胱の病気なのです。
小学生など、ある程度体が作られている時期に、頻繁に漏らしてしまうのは、夜尿症の可能性があると考えた方が良いでしょう。

 

いずれにしても、原因があれば必ず解決方法も存在します。
次に、おねしょの原因の解決方法について、お話していきたいと思います。

 

おねしょの原因と解決方法について

先ほど、おねしょの原因として「膀胱の未発達」「精神的な負担」「元々の病気によるもの」の3つを挙げましたが、それぞれの解決法について、お話しましょう。

 

低年齢の子供の場合、多くは膀胱の未発達により、尿を貯めておく事が出来ずに「おねしょ」に繋がります。
これは、日常生活の中で少しづつ「トイレを我慢」する事を覚えていくので、小学生になる頃には自然と治る事が多いです。
週に1〜2度のおねしょの場合は、あまり心配する事はありません。

 

ある程度大きくなったにも関わらずおねしょを繰り返す場合、親御さんの言動が原因となっている場合も考えられます。
お子さんがおねしょしてしまった時、絶対に怒ったり、咎めたりしてはいけません。
子供本人が、「おねしょはいけない事」と一番良く分かっているはずです。
お母さんに怒られるというプレッシャーから、おねしょに繋がるので、失敗してしまっても、グッとこらえて、子供に負担をかけないようにすると良いでしょう。

 

小学生に上がっても、頻繁におねしょをするというお子さんは、夜尿症という病気を疑った方が良いかもしれません。
夜尿症の場合は、専門家による治療が必要なので、「おかしいな」と思ったら、早めに専門医を受診しましょう。

 

多くのおねしょは、月齢が上がっていくうちに自然と収まってくるのが殆どです。
お母さんにとっては大変な時期ではありますが、ここはグッと堪え、子供の成長を見守る事が、おねしょを早く治す大きな秘訣となる事でしょう。

おねしょって、平均何歳までするの?

おねしょは何歳までが正常な範囲になるのか?

 

育児書やインターネットで「おねしょ」に関する情報を検索しても、「いずれは治るもの、あまり気にしないように」と書かれている事が多く、具体例などが提示されていない事が殆どです。
おねしょは何歳までが正常な範囲として受け止められているのか、親としては心配になりますよね。

 

基本的に、保育園や幼稚園の年長さんまでのお子さんは、膀胱も未発達である為、頻繁におねしょをしてしまいます。
日中でも、遊びに夢中になってしまい、気がついたら漏らしていたという子もまだまだ多いので、平均して5歳頃までのおねしょは心配する必要は全くありません。
週に1〜2回、多くても3、4回であれば、小学校に上がる頃にはその数も減っているハズです。

 

特に男児と女児では大きな差があり、男児の方がおねしょが長引く傾向にあるようです。
幼少期の体の発達は、女児の方が早い為に、こういった結果となるのでしょう。

 

では次に、病気と疑った方が良いおねしょの年齢と回数などについて、お話していきますね。

 

専門家を受診した方が良いおねしょの年齢と回数について

子供が6歳以上で、週に3回以上のおねしょをしてしまう場合は、何らかの原因があると考えた方が良いと言えます。

 

実は、この頃のおねしょの一番の原因は、「精神的なもの」が多いのです。
小学校という新しい環境に馴染めず、知らない内にストレスを溜めているのかもしれません。
また、「小学生になったのに、まだおねしょして…」というお母さんからの言葉が、子供にとっては一番のストレスとなってしまいます。
小学校に上がると尿の量も増えるので、おねしょの処理はとても大変ですよね。
ですが、おねしょが良くない事は本人が一番理解しているので、ここはグッとこらえて「おねしょしたって、良く言えたね!次は頑張ろうね」と、逆に褒めてあげる位の広い気持ちを持ちましょう。

 

遅くても2年生に上がる頃には、大部分の子がおねしょから卒業していますが、それでも週3回以上のおねしょが続く場合、いよいよ専門家に相談する事をお勧めします。
夜尿症という病気の疑いがある為、きちんと治療を受けないと、大人になってもおねしょが治らなくなってしまいます。

 

おねしょの治りには個人差もありますので、小学校低学年までは、親御さんもおねしょの話題には触れず、見守っていくのが良いと言えるでしょう。

おねしょの対策には、防水シートとオムツはどちらがいいですか?

おねしょに最適な便利グッツとは?

 

おねしょをしてしまうのは仕方の無い事だと理解しているけど、その後の処理って本当に大変なんですよね。
やっとの事でおねしょ部分を手洗いして、干して臭いを消しても、繰り返されるおねしょにほとほと困っているお母さん方も多いはずです。
「またおねしょして…」「いつおねしょしなくなるのかしら…」と、つい口をついて出てしまいます。

 

そんなおねしょの処理に困っているお母さん方の強い味方として、おねしょ対策グッツが人気を集めています。
防水シートを布団に敷いたりして、おねしょ対策を行なっている方も居ますが、オムツを履かせるのと防水シートを敷くのと、どちらが良いのでしょうか?

 

それぞれのグッツのメリットやデメリットなどについて、詳しくお話していこうと思います。

 

おねしょ対策としてオムツは最適か?

おねしょ対策の為に、オムツを履かせてしまうお母さんも多いですが、日中のトイレトレーニングも済んでいる場合、オムツは避けて下さい。
子供の月齢が2、3歳と低い場合、夜間のオムツでも構いませんが、保育園や幼稚園の年中さんになっても夜間にオムツを履かせてしまうと、癖になっておねしょが長引きます。

 

オムツをしているという安心感から、「おねしょしたって構わない」という気持ちが産まれてしまうので、あまり良いとは言えません。
お泊りなどでどうしても、という方は、おねしょライナーなどパンツに取り付けるタイプのおねしょパッドもありますので、そちらを利用するようにしましょう。

 

では、防水シートなど、布団に敷くタイプのおねしょ対策グッツはどうなのでしょうか?

 

おねしょ対策には防水シートが便利?

おねしょ対策グッツとして、布団の上に敷くタイプの防水シートが販売されています。
表面は布製ですが、裏面に防水加工が施されているので、大量におねしょをしても布団に染みる事はありません。

 

布団を頻繁に洗う事は出来ませんが、防水シートなら毎日洗えるので、おねしょの処理がグッと楽になるはずです。
オムツやおねしょパッドよりも、おねしょ対策や子供のおねしょ改善練習の為にも、とても効果的なグッツだと言えるでしょう。

Sponsord Link