おねしょ 対策 大人

Sponsord Link


大人のおねしょ対策には、おむつが有効だった?

小さい子供だけの症状と思われがちですが、実は大人でもおねしょをしてしまう事があります。

 

健康な大人の男女でも、お酒を飲みすぎたりして泥酔状態で眠ってしまうと、おねしょをしてしまう事もあるそうです。
ですが、中には定期的におねしょをしてしまう人も居るのです。
そういう人の場合、おねしょではなく「夜尿症」という病気の1つですが、大人の夜尿症の場合、適切な治療が必要になってきます。

 

大人のおねしょの大きな原因として、尿を膀胱に貯める為のホルモンの分泌が減少している事が考えられます。
元々抗利尿ホルモンの分泌に異常がある場合も考えられますが、ある日突然おねしょが始まった場合は、ストレスによるものと考えられています。

 

ストレスが元の大人のおねしょには、おむつで対策を取る事がてっとり早く、かつ効果的だと言われて居ます。
しかし、子供のおねしょにはおむつでの対策は逆効果と言われていましたが、大人はどうしておむつでの対策が有効とされているのでしょうか?

 

大人のおねしょのメカニズムや、おむつの有効性などについてをお話していきたいと思います。

 

大人のおねしょには、おむつでの対策が有効なのはなぜか?

子供のおねしょの対策には、おむつは逆効果なのに、大人のおねしょの対策には有効なのは、何故なのでしょうか?

 

まず、子供のおねしょの大半は「膀胱の容量が少ない為」に起こってしまう、生理現象のようなものと言えます。
体が成長するに従い、やがて治まるので、おむつを履かせてしまうと「しても良いんだ」という気持ちになってしまい、おねしょの改善が遅くなってしまうのです。

 

一方、大人のおねしょはストレスが大半を占めている為、なるべくストレスを抱えないようにする事が大前提であると言えます。
ましてや、大人でおねしょをしてしまうなんて、誰にも知られたくない事ですよね。
シーツや布団を汚してしまう、誰かにバレてしまう、というストレスをなるべく取り除く為にも、おむつでの対策は有効と言われているのです。

 

おむつなんて恥ずかしい!と思う方も多いようですが、おむつをする事によって、寝具を汚したり誰かにバレてしまうというストレスから開放される為、徐々に症状が改善に向かったという方も多いのです。
症状改善の為の1つの治療法とも言えるでしょう。

Sponsord Link