おねしょ 小学生 対策

Sponsord Link


小学生の正しいおねしょ対策法について

小学生になり、おねしょが続いているお子さまに対して、心配を抱く親御さんも少なくはありません。
ですが、小学生に上がってからの2〜3年は、体もまだ未発達な為、おねしょをしてしまう事は珍しくは無いのです。
しかし、頻繁でないにしろ、定期的におねしょをしてしまう場合は、より早く改善させる為、正しい対処法が必要となってきます。

 

おねしょの正しい対策法として有効的だと言われているのが、夜尿アラームというものです。
これは、パンツに取り付ける機械で、尿の水分を察知してアラームが鳴る仕掛けとなっています。
おねしょをした時に起こすのが目的では無く、アラームが鳴る事により無意識に尿を止めるのが狙いですので、使用するに従い、アラームを鳴らさずに寝ようという意思が働き、結果的におねしょを抑える効果があるのです。
有効率は7割を超えており、非常に有効な対策グッズとされています。

 

小学生のおねしょの正しい対策法として、様々な対策グッズや方法が挙げられていますが、次に絶対してはいけない「間違った対策法」について、お話していきたいと思います。

 

小学生のおねしょ対策で間違った方法とは?

小学生のおねしょ対策として、間違った方法についてを紹介します。

 

  • おねしょをした時に叱ってしまう、または態度に出してしまう
  • おねしょ対策としておむつを使用してしまう
  • おねしょをさせない為に、夜中に起こして排尿させてしまう

 

他にもありますが、上記の3つが一番避けて欲しい「間違った対処法」です。

 

おねしょをした時に叱ってしまったり、態度に出してしまうと、子供はそれをストレスと感じてしまい、おねしょを頻繁に繰り返してしまう結果になってしまいます。

 

また、おねしょ対策としておむつを使用する事も良くありません。
おむつを履いているという安心感で、おねしょが治りにくくなってしまう為です。

 

夜中に起こして排尿させる親御さんも見かけますが、これも絶対避けて欲しい対処法です。
膀胱が尿に貯まる前に起こしてしまうと、膀胱に尿が溜まっている感覚を自覚する事が出来無くなるだけでは無く、おねしょをする前に起こしてもらえる安心感から、更に治りにくくなってしまうのです。

 

間違ったおねしょ対策は、お子さんにとっても良くありません。
まずはおねしょのメカニズムなどを詳しく調べた上で、正しい対処法を行なうようにする事が必要と言えるでしょう。

Sponsord Link