幼児 おねしょ 対策

Sponsord Link


幼児のおねしょ対策として正しい対策法とは?

幼児期のおねしょ対策に、頭を悩ませるお母さんも多いはずです。
しかし、おむつが外れたばかりの幼児期のおねしょについて、何ら心配する事はありません。
幼児期は体や膀胱が未発達である為、尿を溜めておく容量も極めて少ないので、簡単に容量オーバーしてしまう事がしばしば起こります。
また、おねしょを繰り返す事で膀胱の容量を少しずつ増やしていき、「尿を溜める」という感覚を養うのです。
よって、年齢を重ねるごとにより、回数も減っていくので、あまり心配しすぎる事は良くありません。

 

幼児期の正しいおねしょ対策としては、頻繁に失敗するからと言って、おむつを履かせない事です。
おむつを履かせてしまうと、「おねしょしても大丈夫」という気持ちが芽生えてしまうので、尿を我慢する事が出来無くなってしまいます。
また、おねしょを咎めたりせず、おねしょシーツなどを利用して、お子さんに「失敗しても大丈夫」という安心感を与えてあげるようにしましょう。

 

基本的に、幼児期のおねしょについては、おおらかな気持ちで見守ってあげる事が一番大切なのです。

 

幼児期のおねしょ対策として、最善の方法とは?

幼児期のおねしょは、膀胱の容量や我慢を覚える為のトレーニングである為、あまり心配しすぎてしまうのは良くありません。

 

しかし、あまりに頻繁におねしょをしてしまう場合は、親御さんの方でも対策を取る事は必要と言えます。
具体的な対策としては、寝る2時間前は水分を控える事、寝る直前にトイレに行く事、体を冷やさない事などが必要と言えます。

 

実は、夏場よりも冬場の方がおねしょの確率が高いのです。
体が冷える事も、おねしょの原因の1つとされています。
これは、体が冷える事により自律神経の働きが鈍ってしまう為です。
夏場の就寝時に扇風機やクーラーをつけっぱなしにするのも良くありませんので、気を付けましょう。

 

幼児期のおねしょに関しては、まずは「尿を溜めておく」という事を覚える大切な時期です。
成長するに従い、回数も減っていくものですので、叱らず、焦らずに対処していきましょう。

Sponsord Link