子供 おねしょ 対策

Sponsord Link


治らない子供のおねしょを改善させる対策法とは?

いつまでも続く事では無いと思いながらも、おねしょの後片付けは親御さんにとっては大変な事と思います。
年齢が上がる度に「いつおねしょが治まるのか?」「これは病気ではないか?」と心配になってしまう方も多いと思います。

 

しかし、あまりに心配しすぎても、お子さんにとっても親御さんにとっても良くありません。
おねしょの対策は、一歩間違ってしまうと、長引かせてしまう事にも繋がります。

 

そこで今回は、子供のおねしょを改善させる為の、正しい対策方法についてをお話していきます。
おねしょを早く改善させる為の対策として、親御さん自身も心にゆとりを持つ事です。

 

おねしょの後片付けに追われて、つい子供を叱ったり態度に出したりしては、お子さんもストレスを感じてしまい、更に症状が酷くなる傾向にあります。
親御さんが焦っておねしょを治そうとすると、お子さんのストレスとなってしまい、おねしょを長引かせてしまう事にも繋がります。

 

おねしょは、ストレスも大きく関係している事もあるので、まずは親御さんとお子さん、両者の心に余裕を持たせる事が、おねしょを改善させる為の第一歩と言えるでしょう。

 

子供のおねしょの間違った対策法について

子供のおねしょは、いつかは治まるものですが、親としては、早く改善させたいものですよね。
しかし、ここで焦ったり叱ったりしては、余計おねしょを長引かせてしまう原因になってしまいます。
おねしょをするからと言って、夜中にトイレに起こしたり、おむつを履かせてしまう事も、もってのほかです。

 

成長期にある子供の体は、膀胱も未発達で、「尿を溜める」という事に慣れていません。
おねしょは、膀胱の容量を増やし、尿を溜める為のトレーニングだと思うと良いでしょう。

 

また、寝る前の水分調整やトイレなども、積極的に自分で調節させるようにしましょう。
自覚を持たせる事で、より早く症状の改善へと繋がります。
しかし、あくまでも「自然に」促してあげる事を忘れずにして下さい。

 

あまりプレッシャーを与えてしまうと、かえってストレスとなり、症状が酷くなる場合も考えられます。

 

間違った対策法は、おねしょを長引かせてしまいます。
早く改善させる為にも、正しい知識と対策法が必要だと言えるでしょう。

Sponsord Link