おねしょ 大人 原因

Sponsord Link


大人のおねしょの原因とは?

子供特有の症状との認識のあるおねしょですが、実は大人でも発症する事があるという事を、ご存知でしょうか?
子供時代のおねしょは、体の発育途中にある為に引き起こされる生理現象ですが、大人になってからのおねしょは少し違い、ストレスや病気が原因で引き起こされる事が多いそうです。
また、大人のおねしょは別名夜尿症と言い、一つの病気として扱われます。
完治させる為には専門的な治療が必要だと言えるでしょう。

 

大人のおねしょの原因とされている夜尿症ですが、その症状について、詳しく説明していきたいと思います。

 

大人のおねしょの原因〜夜尿症の詳しい症状について〜

夜尿症とは、大人になったにも関わらずおねしょを繰り返してしまう事をそう呼んでいます。
週に数回、夜間に大量の尿を漏らしてしまう事が症状として挙げられていますが、主な原因は抗利尿ホルモンの分泌の減少によるものです。

 

抗利尿ホルモンは、夜間に尿を膀胱に貯める為の大切なホルモンですが、ストレスなどにより分泌が弱まる事で、尿を膀胱に貯める事が出来無くなり、夜尿症へと繋がってしまうのです。

 

夜尿症はおねしょと違い、原因がはっきりとしているので、きちんと治療を行わなければ治る事はありません。
しかし、適切な治療や対処法を行なう事で、必ず完治する症状でもあります。

 

次に、夜尿症の適切な対処法について、お話していきたいと思います。

 

大人のおねしょの原因である夜尿症の正しい対処法

大人のおねしょの主な原因は、ストレスにあると言われています。
特に男性よりも女性が多く発症すると言われており、原因としては男性よりも女性の尿道が短い為だと言われています。

 

その他にも、男性であれば前立腺の病気が隠れている事もある為、頻繁におねしょをする様になったら、専門家を受診する事をお勧めしています。

 

また、ストレスが原因の夜尿症は、おむつや尿とりパッドなどの対策グッツを利用するのも1つの手です。
おねしょによるストレスを軽減させる事も必要と言えるでしょう。

 

また、夜間の水分や塩分摂取を控えたり、寝る前に必ず排尿して寝るなどの対策も効果的です。
専門家による正しい治療法と、自分で行なう対処法で、早期治療を目指していきましょう。

Sponsord Link