おねしょ 大人 治療

Sponsord Link


大人のおねしょの治療には個人差も関係していた?

大人のおねしょは、別名夜尿症とも呼ばれています。
実はこの夜尿症、2つのタイプに分かれており、治療法もそれぞれのタイプによって異なります。
一次性と二次性に分ける事の出来る夜尿症について、説明していきたいと思います。

 

まず一次性とは、子供の頃からおねしょを繰り返している状態にあります。
大人になるとおねしょをしなくなる理由として、抗利尿ホルモンの分泌が増える事が関係しています。
また、集団生活の中で徐々に「我慢」を覚える事で膀胱を鍛え、尿を貯めれる限界量を増やしていく事で、おねしょをしなくなるのです。

 

子供の頃からずっとおねしょが治らない人は、抗利尿ホルモンの分泌が崩れていると考えられます。
この場合はおねしょではなく、病気としてみなされる為、適切な治療を行わなければ改善する事はありません。

 

二次性の夜尿症は、一次性と真逆で、子供の頃おねしょを経験した事の無い大人に多く見られる症状です。
二次性の原因はストレスだと言われており、症状の改善にはストレスの元を軽減する事が一番に挙げられます。
こちらも適切な治療を行なう事で、症状の改善に繋がるので、尿漏れやおねしょが頻繁に起こり始めたら、まずは専門医に相談する事をお勧めします。

 

夜尿症のタイプや原因によっても治療法が変わってきますが、次にタイプ別のおねしょ対策に有効な方法をご紹介していきたいと思います。

 

大人のおねしょの治療に有効な方法とは?

子供の頃からずっとおねしょが治らないという方は、抗利尿ホルモンのバランスが崩れている可能性が高いと言えます。
この場合、薬物治療やアラーム治療が適切と言われています。
アラーム治療とは、尿で下着が濡れた事を教えてくれる装置を装着する事で、排尿した事をアラームで知らせる事により、排尿を止める効果があります。
一次性の夜尿症の方は、夜間排尿に気づかずぐっすり眠る方が多いのですが、この方法だと目覚めなくても無意識に体が排尿を止めるので、夜尿症を効果的に改善させる事が出来ます。

 

大人になってから夜尿症を患う方の多くは、ストレスが原因なので、「おねしょをしてしまい、布団を汚してしまう」罪悪間を軽減させる事が必要です。
その為、薬物治療の他には、就寝時のおむつの使用もお勧めです。
最初は恥ずかしいと思う方がほとんどですが、おねしょをして布団を汚すかもしれないというプレッシャーが、おねしょを引き起こす原因にも繋がります。
おむつの他にも、おねしょパッドなどもありますので、色々な対策グッツを使用するのも良いでしょう。

 

適切な治療を続けていけば、必ず治る病気ですので、あまり気に病まない事も、治療法の一環だと言えますね。

Sponsord Link