おねしょ 大人 ストレス

Sponsord Link


大人のおねしょはストレスが原因だった?

身体機能が未発達な子供が多く経験する「おねしょ」ですが、身体的に成熟している大人でも、「おねしょ」をしてしまう事があります。

 

大人のおねしょは「夜尿症」と呼ばれており、尿を膀胱に貯める様に指示するホルモンの働きが弱い事で起こる、病気の一種です。
子供の頃からおねしょを繰り返していて、なかなか治らない人は、尿を膀胱に貯める為のホルモン分泌が、上手く出来ていない事が原因であると考えられます。
また、大人のおねしょの原因として、糖尿病や膀胱周辺の内蔵などの疾患や、前立腺の炎症など、他の病気も考えられます。

 

しかし、その一方で、大人になってからある日突然、おねしょが始まったという人は、ストレスが大きな原因と言われています。
ストレスが原因で始まった大人のおねしょの対策法などについて、詳しくお話していきましょう。

 

ストレスが原因の大人のおねしょの対処法について

おねしょの原因は様々ですが、大人になってある日突然始まった、という人は、ストレスが原因である事が多いそうです。
ストレスが自律神経に悪影響を及ぼしてしまい、尿を貯める為のホルモンバランスが崩れてしまう為、おねしょに繋がってしまうのです。

 

ストレスが原因のおねしょは、発生源が改善されれば、すぐに元に戻ります。
おねしょが始まった時期の自分のライフスタイルを、まずは見返してみる事から始めてみましょう。

 

次に、おねしょをしてしまう事について、あまり気にしない事が重要なポイントです。
大人になってからおねしょをしてしまうなんて、誰でも恥ずかしい事ですが、ストレスが原因の場合、気にしすぎる事によって、症状を悪化させてしまう場合もあります。

 

おねしょをしたら、まずは専門医に相談しましょう。
ストレスの根本となる原因を探し出し、治療していく事で必ず完治しますので、あまり気に病まず、おおらかな気持ちで対処するように心がける事が、必要と言えるでしょう。

Sponsord Link