おねしょ 小学生 病院

Sponsord Link


小学生のおねしょは、病院での治療が必要なのか?

基本的に、体が未発達な幼児〜小学校低学年までは、膀胱の容量も少ない為、おねしょをしてしまう事は普通の事です。
一般的には、小学生になる前におねしょが治まる傾向が多い様ですが、小学生に上がってからも、定期的に粗相をしてしまう子は珍しくはありません。

 

体の発達に伴い、膀胱の容量も徐々に増えてくるので、学年が上がる度に自然と治まるパターンが多いので、低学年までのおねしょは気にする事は無いでしょう。
よって、小学生のおねしょは、成長過程によるものですので、基本的には病院での治療は必要ありません。
しかし、中学年や高学年になっても、しばしば失敗をしてしまうようであれば、病院の専門科を受診した方が良いと言えます。

 

次に、治療を受けないと完治しないおねしょもあるという事を、詳しく説明していきたいと思います。

 

病院での治療が必要な、小学生のおねしょとは?

先ほども説明した通り、低学年までのおねしょであれば、心配する事はありません。
週に1〜2度のおねしょであれば、体が発達するに従い、自然と治まるパターンが多い為です。

 

逆に、中学年や高学年になっても、おねしょの回数が変わらない場合などは、早めに病院を受診した方が良いと言えます。

 

おねしょの原因は、「体の発達に伴うもの」、「精神的なプレッシャー」、「元々の病気によるもの」の、3つに分ける事が出来ます。
最初の2つの原因は、原因要素が解決すればおねしょは治まりますが、最後の「元々の病気によるもの」は、治療しなければ治りません。
このおねしょの事を夜尿症と呼び、適切な治療を行わない場合、大人になっても繰り返してしまう事になります。

 

大人になると、治療期間も長くなってしまうので、高学年になってもおねしょの回数に改善が見られない場合、早めに専門科で診察を行いましょう。
早期治療が、お子さんへの精神的負担を減らすきっかけにもなるはずです。

Sponsord Link